賃貸検索のポイント

賃貸契約とクーリングオフ

賃貸契約のクーリングオフについて。

賃貸契約のクーリングオフ そもそもクーリングオフ制度とは、何かと言いますと、消費者がモノやサービスを購入する際に、冷静な状態(cooling off)でそのモノなどを判断し購入できるよう、消費者を保護する目的で成立した制度を言います。
効果としては、一定の期間内であれば無条件に契約を無効とすることができます。
このクーリングオフ制度は、特定商取引法をはじめとする様々な法令によってルールが定められておりますが、今回は、不動産賃貸にも当該制度は適用されるのかを、不動産賃貸に係る重要な法令「宅地建物取引業法」との関係を中心に整理していきます。
一般的な観点から言えば、宅地建物取引業法にクーリングオフができる旨の定めはないため、不動産賃貸借契約はクーリングオフができません。
しかし、不動産賃貸に係る取引のうち、宅地建物取引業法に該当しない取引であれば、特定商取引法など他の法令により保護される場合もあるため、その点を覚えておくと、不当な取引から身を守ることができるかもしれません。

賃貸物件を上手に契約するには

賃貸物件を利用するメリットに関しては、様々な年代の人々から注目が集まっており、常日頃から各地の不動産会社とコンタクトを取ることで、良質な物件を見定めることができます。
例えば、築年数が新しい物件については、居住性がとても優れていることから、多くのビジネスマンからの注目が集まっています。
賃貸物件の契約のポイントについては、インターネット上でしばしばピックアップされることもあり、役立つ情報を上手に仕入れることが望まれます。特に、人気の賃貸物件は、募集開始から間もなくして入居者が決まってしまうことがあるため、早いうちに問い合わせをすることが肝心です。
また、契約の際には様々な形で費用が発生することがあり、具体的な金額が知りたい時には、各業者の相談窓口を利用することが大切です。
賃貸物件の契約のテクニックは、すぐに身に着けることが難しいとされ、初めのうちは経験者の意見を積極的に取り入れることが良いとされます。